IMUGE.イムゲー(芋酒)

IMUGE
 
IMUGEは、琉球庶民がこよなく愛した幻の自家製芋酒
 
1世紀ぶりに復活
 

「イムゲー」は、首里王府の管理下で造られていた泡盛とは異なり、
庶民により芋や黒糖で自家用として造られていたお酒です。
酒税法などにより大正・昭和・平成と忘れ去られていたイムゲー(芋酒)、
約1世紀ぶりに離島の泡盛酒造蔵元3社の手により復活しました。
現代版にアレンジされた芋酒。
名付けて、IMUGE.(イムゲー)です。

 
IMUGEロゴ
 
「泡盛」が琉球王朝の文化なら、「イムゲー」は圧倒的多数の琉球庶民の文化
 
王朝と庶民
 

「IMUGE.イムゲー(芋酒)」と「芋焼酎」は何が違う?
 
「泡盛」は、米の蒸留酒。IMUGE.(イムゲー)は、甘藷の蒸留酒。芋焼酎とも違います。
 

芋焼酎の造り方

「芋焼酎」は、
麹に水と酵母を加えて発酵させる一次仕込み、
さらに「甘藷(琉球芋)」を加えて発酵させる二次仕込みで造られます。
 
焼酎の材料

 

IMUGE.(イムゲー)の造り方

IMUGE.(イムゲー)は二次仕込みの後、
さらに黒糖を加えて発酵させる三次仕込みを行います。
イムゲーの、「甘藷(琉球芋)」に「黒糖」という組み合わせは、現代ではほかに例がなく画期的といえます。
これによりIMUGE.(イムゲー)ならではの独特の味わいが生まれました。
IMUGEの材料


 
IMUGE.イムゲー(芋酒)は沖縄県産品オンリー
 
地産地消が大原則。
 
材料は黒麹・紅芋・粉黒砂糖
 

琉球王朝時代の幻の酒「イムゲー」復活ストーリー

 
かつて芋の栽培が盛んだった沖縄に、イムゲーと呼ばれる芋の地酒があったー。
 

KV_挑戦!
 
三社の代表
昔から甘藷の酒をつくりたいという思いはあった。
 

考えてみると、泡盛はもともと本島首里の酒だけど、
実は各離島にも本島の各地方にも独自の酒文化があったわけです。
その沖縄文化の多様性を体現する「イムゲー」を復活すべく
2015年より、泡盛酒造所3社
請福酒造(有)、(株)久米島の久米仙、(株)多良川、
と、沖縄県工業技術センターが共同研究を開始しました。
そして、とうとう2018年技術を確立し、
満を持して「IMUGE.イムゲー(芋酒)」の記者発表を10月に行いました。

 

 
試飲したあなたもきっと驚くでしょう。

IMUGE公式サイト
IMUGE.公式サイトが別ウィンドウで開きます。


 
多良川のIMUGE.イムゲー(芋酒)の特徴
 
香りの特徴味わいの特徴水割りにすると…
 

IMUGE.イムゲーこれからの思い。
 
IMUGEで地産地消・地消地活
 
自分たちが懸命にIMUGE.に取り組むことによって、ふるさとに恩返しができるかもしれない。
 

多良川のイムゲー(芋酒)720ml・37度

多良川のイムゲー(芋酒)720ml・37度
透明感のあるのど越し。ほんのり黒糖の香り。

通販・商品ページはこちら
多良川公式通販サイトが別ウィンドウで開きます。


ご紹介

商品一覧受賞歴多良川の蔵人

おすすめの逸品

本場泡盛・琉球王朝
ブラウン

ちゅらら
IMUGE