多良川

オンラインショップへ

宮古島のパーントウ、ご存じですか?

宮古島のパーントゥプナハとは?

神様が泥を塗って厄払いする宮古島の伝統行事

宮古島の「島尻パーントゥ」ご存じですか?

『パーントゥ』は、宮古島で行われる厄払いの伝統行事。
島尻の『パーントゥプナハ』は、仮面を付けた来訪神が人々に泥を付けて災厄を払い、福を招きます。

毎年、旧暦の9月上旬に行われる宮古島の「島尻パーントゥ」、3年ぶりの開催です。
この日は、パーントゥと称し、3体の仮面や仮装で異形の神に扮し、家々を訪れ集落内を巡り、出会った人々に泥を付けて歩き回り災厄を払います。

パーントゥプナハは無形文化遺産

この宮古島の伝統行事が、世界的にも貴重な無形文化遺産として2018年11月にユネスコ無形文化遺産に登録されました

<泡盛入り>島尻パーントウ

その『パーントゥ』ボトルに泡盛を入れました。

pantou1
pantou2
pantou3
pantou4

<泡盛入り>島尻パーントウ

パーントウ、泡盛入っています

パーントウ、多良川30度が入っています

泡盛入りパーントゥボトル

多良川通販ショップでも販売中!Now on sale!

新着記事