多良川の「イムゲー(芋酒)」、数量限定発売!

IMUGE.BAR(イムゲーバー)ご案内に伴いまして、多くのお問合せありがとうございます。

多良川のイムゲー(芋酒)37度・720ml

8月23日開催の【IMUGE.BAR】にて、ボトルの販売も致します。
多良川のイムゲー(芋酒)37度・720ml

IMUGE.BAR(イムゲーバー)は、全国販売に先駆けて、3社合同1日限定のお披露目会。

IMUGE.BAR(イムゲーバー)、詳しくはこちら
IMUGE.BAR(イムゲーバー)ご案内ページが開きます。



2018年イムゲー(芋酒)、3社合同記者発表

2015年より研究を重ね、2018年にイムゲー(芋酒)合同記者発表を行いました。


琉球庶民が愛した幻の酒、イムゲー(芋酒)
請福酒造様、久米島の久米仙様、沖縄県技術センター様と2015年より研究を始め、技術を確立した2018年10月、イムゲー(芋酒)の記者発表を行いました。

「イムゲー」は、首里王府の管理下で造られていた泡盛とは異なり、庶民が芋や黒糖で自家用として造られていたお酒です。
酒税法などにより大正・昭和・平成と忘れ去られていた「イムゲー」、約一世紀ぶりに離島の泡盛酒造蔵元3社の手によって復活します。
名付けて、IMUGE.です。
「泡盛」が琉球王朝の文化なら、 「イムゲー」は圧倒的多数の琉球庶民の文化。 この2つがあって初めて、沖縄の酒文化が語れるのです。

泡盛と並ぶ<第2の地酒>として、沖縄の皆さまを始めとする多くの皆さまに愛され支持して頂けますよう努めて参ります。
また、島の原料を使った地産地消の蒸留酒として第1次産業にも貢献できると自負しております。
イムゲー(芋酒)IMUGE.を、どうぞ宜しくお願い致します。

長らくお待たせ致しました。

やっと、みなさまにお味見いただける準備ができました。

全国販売に先駆けて、3社合同1日限定のお披露目会。IMUGE.BAR(イムゲーバー)地元沖縄で開催します。

IMUGE.BAR(イムゲーバー)、詳しくはこちら
IMUGE.BAR(イムゲーバー)ご案内ページが開きます。



 

琉球スピリッツ/イムゲー(芋酒)

泡盛でもない、焼酎でもない。琉球スピリッツ/イムゲー(芋酒)です。

沖縄を代表する「泡盛」は、米の蒸留酒。かたやIMUGE.(イムゲー)は、甘藷(琉球芋)の蒸留酒。
では、芋焼酎かといえば、さにあらず。

「芋焼酎」は麹に水と酵母を加えて発酵させる一次仕込み、 さらに甘藷(琉球芋)を加えて発酵させる二次仕込みで造られますが、IMUGE.(イムゲー)は二次仕込みの後、さらに黒糖を加えて発酵させる三次仕込みを行います。

そのことからIMUGE.(イムゲー)は、酒税法上、焼酎ではなくスピリッツに分類されます。

イムゲーのこの「甘藷(琉球芋)」に「黒糖」という組み合わせは、 現代ではほかに例がなく、画期的といえます。
それによってIMUGE.(イムゲー)ならではの独特の味わいが生まれました。

では、その味わいは…

口に含んだ瞬間、甘藷(琉球芋)に由来する柑橘の爽やかな香りと果実・花のような華やかな風味を感じます。
次に、鼻孔に泡盛に特徴的なバニラやカラメルのような甘くて重厚な風味が感じられます。

飲み口は軽く、黒糖焼酎のようなキレがあります。

・・・試飲したあなたもきっと驚くでしょう。

「えっ、当時のうちなんちゅーは こんな美味しい酒を飲んでいたのか!」
と。

琉球スピリッツ/イムゲー(芋酒)とは

琉球スピリッツ/イムゲー(芋酒)、詳しくはこちら
IMUGE(イムゲー)公式サイトが別ウィンドウで開きます。